プロゲーマーとは

プロゲーマーとは、スポンサー企業から海外の大会への遠征費やコンピュータパーツであるビデオカード、ヘッドセット、マウス、マウスパッドなどの提供を受けて活動するゲームプレイヤーのことで、現在はそのほとんどがPC向けオンラインゲームのプレイヤーとなっています。他には、TCG(トレーディング・カード・ゲーム)にもプロ制度がありますがここではPCゲームのプロゲーマーを中心に扱います。プロゲーマーとして得る金銭だけで生活している人も存在しており、特にPCゲームが一般に浸透している韓国に多く存在します。韓国ではプロ・ゲーマーチームの試合を中継するテレビ番組が放送されているほどメジャーな存在となっています。

 

ゲームの種類としてはFPS(ファーストパーソン・シューティング)と呼ばれるプレイヤー視点で展開するアクションゲームや、RTS(リアルタイム・ストラテジー)と呼ばれるリアルタイムで展開するシュミレーションゲームなどに多く、特にFPSの一つであるカウンターストライクについては世界中にプロ・ゲーマーが存在しており、Cyberathlete Professional League(CPL)などの世界大会では賞金総額が数十万ドルにのぼるほどです。また、TCGにおいては、マジック:ザ・ギャザリングやディメンション・ゼロなどに賞金制大会やプロ制度があり、トッププレイヤーにはブースターパックや遠征費が主催者から提供されたりもしています。

 

しかし、日本においてはプロゲーマーはあまりメジャーな存在とは言い難い現状があります。日本でのコンシューマーゲームやPCゲームにおいては、ストーリー性が重視されることが多く、ゲーム性を低く抑え「ストーリー・テラー」に徹したタイトルが大半を占めており、特にPCにおいてはゲーム性を全く持たないビジュアルノベルが主流となっており、そのほとんどがアダルトゲームであるという現状があり、対戦志向の強いプレイヤーの主戦場がアーケード(ゲームセンターなど)で、風営適正化法の影響を受けるために賞金制大会の開催が困難であることが挙げられます。それでも大会は行われていて、ほとんどのゲームの公式全国大会が、参加費は無料であるものの、渡航費その他すべて自費での参加が鉄則で、得られる物もゲーム内でのみ有効な称号と賞状・トロフィーやサイン色紙などの記念品のみで、金品が提供されることはほとんどありません。そしてそれに伴う、あるいは国民性から来る、強いアマチュアリズムのために、プロゲーマーが存在できる下地がないという現状もあります。現在日本で活躍するプロゲーマーはTCGを除けばほとんど存在しません。また、TCGのプロゲーマーになったとしても、ゴルフ同様に生活基盤が保証されず、上位入賞による賞金を得られなければ無収入という現実もあります。

 

日本でのプロゲーマーの歴史を紐解くと、2005年1月10日にPSYMIN(才民)がカウンターストライクチームの4dimensioN(4dN)をスポンサードすることを発表し、日本初のプロ・ゲーマーが誕生しています。その同時期2005年4月18日にAggressiveGene(AXG-GAMING)というチームも大阪Internet Cafe NEXTAGEを拠点とし、8月1日にSoftTrading社からスポンサーを受けカウンターストライクチームでは2つ目のプロ・ゲーマーが誕生します。また、プロチームでは無いが個人的にプロゲーマーとして活動している人としてはHaloで好成績を収め活動を開始した『Teppei "SIGUMA" Terabe』、古くはTeam Fortress Classic、現Team Fortress2の強豪クラン『Last Dinosaur』で活躍しており、その後舞台をQuake4に移して、世界大会に自費で出場した『Naonobu"uNleashed^" Tahara』、元々4dNメンバーであり、カウンターストライク1.6で世界を体験した後、ゲームをWarcraft3に移しても世界大会の切符をつかんだ『Toshikazu "ENZA" Senzaki』などが挙げられるでしょうか。それでも、はやり現状では、ネット対応や全国大会の開催によって、多くの対戦型アーケードゲームではトッププレイヤーが著名になり、イベントのゲストや執筆活動などのいわゆる「プロ活動」を行うことはあるのですが、前述のようにアマチュアイズムが非常に強い現状では、多くのアマチュアスポーツと同様、就職や転勤・転職を理由として、またが逆に離職により経済基盤を失うことにより引退するケースが多くなっており、更に悲惨なケースでは地方在住のプレイヤーが拠点店舗からの筐体の撤去や閉店により引退を余儀なくされることすら頻発しているの日本の現状といえるでしょう。

recommend

ブルガリ 買取

最終更新日:2015/6/30